ニュース

こんにちは!

西日本の岐阜県営業担当です。

 

2019年4月から岐阜県の営業担当になったのですが、営業先でピンクの花が一面に咲いている圃場をよく見かけまして、ちょっと調べてみたのでそのご紹介をさせて頂きます。

 

咲いていたのはれんげの花でした。

(写真があればよかったのですが、素通りしてしまいました) 

 

ブログ義若ST写真①

 

※イメージ図


 

れんげは空気中の窒素を吸収し、根にあるこぶに窒素を貯める性質があります。

 

そのこぶの中に生息する根粒菌がれんげから水や養分をもらい、一方空気中から窒素を固定し、窒素をれんげに差し出すという共生関係にあるそうです。

 

このような特徴のあるれんげを一部の水田では緑肥として使用しております。

 

 

 

岐阜県ではれんげを使用して化成肥料や農薬の使用を控えた栽培をし、県の認定を受けた特別栽培米「れんげのかおり」があります。

 

私も食べてみましたが、さらっとしていてカレーにとても合うお米だなと感じました!

 

お寿司にもお勧めだそうです。

 

事務所におにぎりとして持っていって食べましたが、冷えてもおいしいお米でした!

 

(私が作った料理は見た目がちょっとアレなので写真は控えさせていただきます笑)

 

 

 

農力アップが広まりつつあるので、


農力アップで育った「れんげのかおり」もあるかも…しれません。是非ご賞味ください。


                           


因みに…


昨年11月に開催された第20回記念大会 米・食味コンクール:国際大会 in 飛騨では5717点の応募があり、金賞を受賞した20点のうち7点が農力アップ使用米です!


 

 ブログ義若ST写真②


食味向上・収量アップにも寄与しておりますので、引き続き当社農力アップをよろしくお願い致します。


 


西日本新人営業マンです!

 

 

写真は「山咲楽(やまざくら)」というお酒です。

愛知県新城市で作付された酒造好適米「夢吟香(ゆめぎんが)」を使用し、愛知県の有名酒造の1つである「関谷醸造」様にて醸された、『愛知の地酒』です!
私の感想になりますが、すこし甘口で芳醇なのにするりと飲みやすい、とてもおいしいお酒です。
根菜の煮物と一緒に頂くと最高です!

 

 

この「山咲楽」原料の「夢吟香」や「夢山水(ゆめさんすい)」には当社商品である「農力アップ」を含む土づくり肥料を使用して頂いています。
当社商品がおいしいお米づくりに関わり、更にそのお米がおいしいお酒になっている…その広がり、その繋がりにわくわくしています!
自身の仕事が様々な形で食と関わっていると実感できました。
これからも「農力アップ」を通じてこのような業界を超えた仕事に、関わらせて頂けるよう頑張って参ります。
おいしいお米づくりに「農力アップ」をよろしくお願い致します!

 

 

「山咲楽」に関するお問い合わせはJA愛知東グリーンセンターしんしろ様までお願い致します。

URL:http://www.chu.aichi-ja.or.jp/shop/shop-137.html

 

石川県を担当しています営業の前島です。

 

先月、農力アップの原料供給元の日本製鉄(株)名古屋製鉄所へ、石川県のJA職員及び関係者の方々が、見学にいらっしゃいました。

石川県からの見学者は、昨年11月に続き2回目になります。

 

20190402ブログ写真①

 

農力アップを使用した商品の取扱いJAも徐々に増えています。

今年の秋口に農力アップを使用した農家の方から「収量・食味が共にアップした!」と喜びの声が聞こえる事を期待しております。

 

20190402ブログ写真②

 

こんにちは。

東日本の営業マンです。

 

私は営業推進をしている中で、土壌の状況を知る一つの指標として農大式簡易土壌診断「みどりくんN」を活用しています。

みどりくんN」は土壌のpHと残存した硝酸態窒素を把握することができます。

 

下記に使い方を記載しましたので参考にして下さい。

 

 

簡易診断キッド

1

 

 

中の試験紙を使用

2

 

 

土を5㏄採取しプラスチック容器へ

3

 

 

ドラッグストアー等で購入できる精製水を入れ1分間振とう

1

 

 

試験紙を3秒間浸す

5

 

 

硝酸態窒素で30秒後に色見本を比較して数値を判断します。

また、pHはそのままプラス30秒後に判断し測定値とします。

11

 

 

 

※簡易診断ではありますが、土壌pHと硝酸態窒素の残存を知ることで、土づくり肥料の施肥量の目安となり、安心してお使い頂けます。

 

ここ数年、土の採取等で圃場に出向く機会が増え、現場に密着した営業活動を行っています。