ニュース

暑さも和らぎ収穫の季節となりました。

 

 

生産者のお力を借りて実施している農力アップの施用試験水田でも収穫をむかえ、

 

先日収量調査用稲の刈り取りをおこないました。

 

 

天気が良くない日が数日続いた事もあり水田はややぬかるんだ状態でしたが、

収穫当日は天気に恵まれ収穫日和となりました。

 

 

試験内容としては農力アップを施用した区域と施用していない区域で比較をして

結果を出すのですが、最終的な結果が出るまではドキドキです。

 

 

ブログ写真20201014①

 

ブログ写真20201014②

 

 

  

曇天による日照不足や猛暑日など人にも稲にも大変な年だったかと思います。

 

当社の土づくり肥料が良いお米作りの手助けとなれば幸いです。

 

 

 

 

 

 こんにちは!営業で埼玉県を担当させて頂いています。

今回は埼玉県北部地域で行った二毛作への農力アップの試験事例をご紹介します。

 

埼玉県北部地域では、11月頃から小麦、6月頃から水稲を栽培する二毛作農業が行われています。

そこで農力アップを小麦の播種前に水稲分も施用し、水稲の前には土壌改良材無施用で、収量にどのような影響があるのか従来の石灰質資材と比較調査しました。

 

次の表は小麦の試験概要と結果になります。

 

ブログ表1_20200819

 

 ブログ表2_20200819

 

従来の石灰質資材の代りに、農力アップを施用した小麦の収量が増加しました。

 

小麦は好適pH6.0から7.0で、酸性に弱い作物です。

また小麦は水稲と同様にケイ酸をよく吸収し、ケイ酸には葉や茎を丈夫にする効果があります。

 

農力アップは可溶性ケイ酸・アルカリ分・く溶性苦土・く溶性マンガンを保証し、ホウ素・モリブデンなどのミネラルを含んだ麦作での土づくりにも適した肥料です。

ぜひ麦づくりにも農力アップの施用をよろしくお願いします。

 

こんにちは!

 

今年の4月に入社いたしました野内と申します!

 

 

 

5月に念願の肥料事業部へ配属され、現在は先輩方から日本の農業の現状や、

肥料や業界のこと、営業のノウハウについて学んでおります。

 

 

 

 

先日、生産者の圃場に肥料散布へ行って参りました! 

 

 

アブラナ科野菜根こぶ病で困っている圃場の改善です。

 

転炉スラグ肥料「S-ミネカル」を散布すると発病しづらい土壌環境になります!

 

 

土壌pH 7.2以上に改良することで遊走子(菌)の移動力を低下させ、

 

発病を抑制することが知られています。(農研機構・東京農大より)

 

 

S-ミネカルの肥料効果は、pHを上げるだけでなく、

 

微量要素も入っているため同時にミネラル補給もできます。

 

 

まさにオールインワンな土づくり肥料!

 

一度入れるとゆっくり長く効くのでそこも魅力的ですね。

 

 

ブログ写真20190926

 

 

今回は写真の量を散布しました!!

 

 

ブログ写真20190926②

 

 

肥料散布機械は、グランドソワーを使いました。

 

グランドソワーへ、肥料を入れるのが大変で次の日は全身筋肉痛になりました。

 

 

炎天下のなかでの作業は想像よりきつかったですが、

 

作業の後は達成感とこれから植物がどのように育つのか

 

楽しみな気持ちでいっぱいになりました。

 

これから一人前の肥料営業マンになれるよう頑張っていきます!

 

転炉スラグ肥料には、今回散布した防散タイプのS-ミネカルとミネカルの2種類あります。

 

 

 

 

西日本新人営業マンです!

 

 

写真は「山咲楽(やまざくら)」というお酒です。

愛知県新城市で作付された酒造好適米「夢吟香(ゆめぎんが)」を使用し、愛知県の有名酒造の1つである「関谷醸造」様にて醸された、『愛知の地酒』です!
私の感想になりますが、すこし甘口で芳醇なのにするりと飲みやすい、とてもおいしいお酒です。
根菜の煮物と一緒に頂くと最高です!

 

 

この「山咲楽」原料の「夢吟香」や「夢山水(ゆめさんすい)」には当社商品である「農力アップ」を含む土づくり肥料を使用して頂いています。
当社商品がおいしいお米づくりに関わり、更にそのお米がおいしいお酒になっている…その広がり、その繋がりにわくわくしています!
自身の仕事が様々な形で食と関わっていると実感できました。
これからも「農力アップ」を通じてこのような業界を超えた仕事に、関わらせて頂けるよう頑張って参ります。
おいしいお米づくりに「農力アップ」をよろしくお願い致します!

 

 

「山咲楽」に関するお問い合わせはJA愛知東グリーンセンターしんしろ様までお願い致します。

URL:http://www.chu.aichi-ja.or.jp/shop/shop-137.html