ニュース

 こんにちは!営業で埼玉県を担当させて頂いています。

今回は埼玉県北部地域で行った二毛作への農力アップの試験事例をご紹介します。

 

埼玉県北部地域では、11月頃から小麦、6月頃から水稲を栽培する二毛作農業が行われています。

そこで農力アップを小麦の播種前に水稲分も施用し、水稲の前には土壌改良材無施用で、収量にどのような影響があるのか従来の石灰質資材と比較調査しました。

 

次の表は小麦の試験概要と結果になります。

 

ブログ表1_20200819

 

 ブログ表2_20200819

 

従来の石灰質資材の代りに、農力アップを施用した小麦の収量が増加しました。

 

小麦は好適pH6.0から7.0で、酸性に弱い作物です。

また小麦は水稲と同様にケイ酸をよく吸収し、ケイ酸には葉や茎を丈夫にする効果があります。

 

農力アップは可溶性ケイ酸・アルカリ分・く溶性苦土・く溶性マンガンを保証し、ホウ素・モリブデンなどのミネラルを含んだ麦作での土づくりにも適した肥料です。

ぜひ麦づくりにも農力アップの施用をよろしくお願いします。

こんにちは。

東日本の営業マンです。

 

今回は自宅のブルーベリーの生育について、個人的な感想も含めて載せてみました。

 

下記の画像は2019年、2020年にそれぞれ撮影したものです。

2019年の時に生育期間中に面白い現象が起きたので、2020年まで経過観察しました。

 

<圃場条件>

・土地はもともと河原であり、200メートル先には川が流れている。

・土を掘ると砂より礫(レキ)、また岩が出てくる土地である。

・通気性(良)、保水性(悪)。

・品種(ハイブッシュ系)隣にもう1本有り。

・定植(2018年)

 

 

 

<2019年9月11日撮影>

 

ブログ写真冨田係長①

 

・新梢(しんしょう)の葉色が葉脈を残し黄緑色になっていた。

・まず微量要素欠乏(マンガン欠乏)を疑う。

・農大式簡易土壌診断(みどりくんN)でpHを測定(pH5.4であった)

(高pHによる微量要素欠乏ではないと判断。)

(ブルーベリーの一般的な好適pH4.5~5.2)

・次に鉄欠乏も考えられる。

(翌年には自然に回復した例もあるようである)

・pHを上げすぎないように一握りだけ土壌改良材「ミネカル」を施肥。

【ミネカル含有成分】

石灰40%、酸化鉄20%、ケイ酸10%、苦土3%、マンガン3%、リン酸1%、ホウ素0.02%

・秋から冬にかけ落葉

 

 

 

<2020年5月12日撮影>

 

ブログ写真冨田②

 

・ミネカルの効果かは定かではないが、今年は新梢も順調である。

・花もついているので少し収穫出来るといいのですが...。

 

 

※このまま経過を観察し、実が付いたら食してみたいと思います。

 

 

千葉県のトウモロコシ生産量は全国第2位です。

今年S-ミネカルを試用したJA山武郡市様管内は県内有数の産地になります。

 

 

ブログ(稲垣課長)_収穫時ほ場写真20200701

 

 

土づくりにS-ミネカルを施用し、土壌中に石灰(カルシウム)・苦土(マグネシウム)の他、微量要素を補給して、美味しいトウモロコシを消費者に届けたいという生産者の想いで作られました。

 

糖分の高いまだ薄暗い早朝一番に収穫作業を行います。

収穫したトウモロコシは鮮度が落ちないよう芯まで真空予冷で冷やし、「もろこし君」として出荷されます。

 

 

ブログ(稲垣課長)_もろこし君出荷箱20200701

 

  

今回、生産組合(トウモロコシ部会)の方のご厚意で当社に4箱頂きました。

さっそく外皮を少し残してむき、ラップをかけずに5分程度電子レンジで温めて食べました。

とても甘く粒の皮も柔らかく美味しかったです。

頂いた4箱は、社内みんなで分けました。大変ありがとうございました。

 

 

ブログ(稲垣課長)_トウモロコシ出荷品20200701

 

 

JA山武郡市様のトウモロコシは7月中旬ごろまで販売されます。(天候等により若干前後します。)

近くで見かけた消費者の方は、ぜひお買い求めください。

 

 

新型コロナの影響が続いております。農業生産者の想いの詰まった健康な農作物を食べて、みなさまもお気をつけてお過ごしください。

 

 

石川県を担当しております営業の前島です。

 

2月に農力アップの原料供給元である日本製鉄(株)名古屋製鉄所へ石川県からJA松任職員及び生産者の方々が見学にいらっしゃいました。

 

石川県からの見学者は、昨年(2019年)11月に引き続き2回目、通算4回目になります。

 

そして見学者は総勢約40名!

20200301ブログ記事写真①

 

見学者とともに農力アップを使用した商品も増え、農力アップの広がりを実感しています。

 

20200331ブログ記事写真②

 

昨年度(2018年度)とは違い、みなさん、白を基調にインパクトのある赤色と灰色を組み合わせた新しい見学着に身を包んで頂きました。

とてもよくお似合いですね。

 

今年もまた加賀百万石の地で、農力アップを使用した生産者から「収穫・食味がともにアップした!」と喜びの声が聞こえることを期待して、これからも皆様のご営農にお役立ちできるよう励んで参ります。