ニュース

石川県を担当しております営業の前島です。

 

2月に農力アップの原料供給元である日本製鉄(株)名古屋製鉄所へ石川県からJA松任職員及び生産者の方々が見学にいらっしゃいました。

 

石川県からの見学者は、昨年(2019年)11月に引き続き2回目、通算4回目になります。

 

そして見学者は総勢約40名!

20200301ブログ記事写真①

 

見学者とともに農力アップを使用した商品も増え、農力アップの広がりを実感しています。

 

20200331ブログ記事写真②

 

昨年度(2018年度)とは違い、みなさん、白を基調にインパクトのある赤色と灰色を組み合わせた新しい見学着に身を包んで頂きました。

とてもよくお似合いですね。

 

今年もまた加賀百万石の地で、農力アップを使用した生産者から「収穫・食味がともにアップした!」と喜びの声が聞こえることを期待して、これからも皆様のご営農にお役立ちできるよう励んで参ります。

 

キューブ米_ブログ用20200331

 

2019年産のキューブ米ができあがりました。

 

それぞれのお米は、当社土づくり肥料『農力アップ』をお使い頂いている生産者の方々から購入しました。

 

当社はお米の販売をしておりませんが、当社の土づくり肥料をPRする際にこのキューブ米を使用しています。

「米づくりは土づくり」を信念に、土づくり肥料の施用からおいしいお米につながる点を売り込んでおります。

 

同じコシヒカリでもそれぞれに味や粒の大きさに違いがあります。

それは気候や土壌の違いだけでなく、生産者の土づくりへの想いが反映されたものだと感じます。

 

厳しい夏の暑さを経てつくられたお米に生産者の方々のたゆまぬ努力と、資材の販売や指導・相談の面で携わったJA、全農、経済連様の大きな支え、そして私たちメーカーが起こしたアクションの結果が濃縮されているようにも思えます。

 

 

生産物として見た1年がこうして終わりました。

 

まずはじっくりかみしめてお米をいただき、そして私たちはまた来年に向けて今年よりももっと、おいしいお米をつくるために奮闘される1人でも多くの生産者に当社の土づくり肥料をお届けしたいと気持ちを新たに邁進してまいります。

令和初の水稲収穫を迎えた今年ですが、昨年度より収量が下がったという声を多数お聞きしました。

 

夏場の平均気温が昨年度よりやや低めで、登熟期に曇天や降雨が続いたことで登熟不足になり、米の収量・品質が低下したのではないかと思われます。

 

一方で異常気象、天候不順の対策として継続的に土づくりを行ってきた成果が目に見える年でありました。

 

異常気象、天候不順に対しては土壌、水、圃場管理などあらゆる面で対策が求められます。

 

その一つとして土壌改良材の施肥が非常に有効です。

 

ケイ酸を補給することで、倒伏の軽減光態勢の向上根張りの促進からお米の安定的な収量確保に期待ができます。

 

当社主力製品である「農力アップ」は溶けやすく効きやすい高溶質のケイ酸質肥料です。

 

加えて夏場の根腐れ対策に有効的な鉄・マンガン、その他苦土、微量要素など土づくりには欠かせない成分を含んでいます。

 

 

 

「米価と資材コストの関係でなかなか土壌改良材は入れられない。」

 

とのお考えの方もいらっしゃるかと思います。

 

しかし、異常気象が当たり前となっている現在、何か対策を施さないと収量が低下といった悪循環に陥る可能性があります。

 

少しでも収量の向上、良いお米づくりができますよう、全面一気に施肥でなくても低収量の田んぼからでもお試しに農力アップを入れて頂けると幸いでございます。

 

お近くのJAで販売しておりますので、是非ともお試しください!

 

 

農力アップ 粒状

 

農力アップは粒状です。容易に施肥できます!

 

 

こんにちは!

 

今年の4月に入社いたしました野内と申します!

 

 

 

5月に念願の肥料事業部へ配属され、現在は先輩方から日本の農業の現状や、

肥料や業界のこと、営業のノウハウについて学んでおります。

 

 

 

 

先日、生産者の圃場に肥料散布へ行って参りました! 

 

 

アブラナ科野菜根こぶ病で困っている圃場の改善です。

 

転炉スラグ肥料「S-ミネカル」を散布すると発病しづらい土壌環境になります!

 

 

土壌pH 7.2以上に改良することで遊走子(菌)の移動力を低下させ、

 

発病を抑制することが知られています。(農研機構・東京農大より)

 

 

S-ミネカルの肥料効果は、pHを上げるだけでなく、

 

微量要素も入っているため同時にミネラル補給もできます。

 

 

まさにオールインワンな土づくり肥料!

 

一度入れるとゆっくり長く効くのでそこも魅力的ですね。

 

 

ブログ写真20190926

 

 

今回は写真の量を散布しました!!

 

 

ブログ写真20190926②

 

 

肥料散布機械は、グランドソワーを使いました。

 

グランドソワーへ、肥料を入れるのが大変で次の日は全身筋肉痛になりました。

 

 

炎天下のなかでの作業は想像よりきつかったですが、

 

作業の後は達成感とこれから植物がどのように育つのか

 

楽しみな気持ちでいっぱいになりました。

 

これから一人前の肥料営業マンになれるよう頑張っていきます!

 

転炉スラグ肥料には、今回散布した防散タイプのS-ミネカルとミネカルの2種類あります。